米国のNATO大使はロシアの攻撃性を信じてはいない

米国のダグラス・リュートNATO大使は、ABC Newsのインタビューで、ロシアにNATOを攻撃する意思があるとは信じていないと述べた。

NATO、露国境にこっそり接近中 - Sputnik 日本
NATO、露国境にこっそり接近中
なおリュート氏は、米国とその同盟国のためにロシアのプーチン大統領を研究することを仕事としているが、ロシアを「NATOにとって不安定性、不確実性、予測不可能性の大きな源である」と考えている。

リュート氏によると、ロシアは武力紛争ではなく、「虚報キャンペーン、さらには社会の混乱を促進するキャンペーン」の実施を計画しているという。

先に、ドイツのメルケル首相は、ロシアとNATOの関係を見直す必要性を発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала