北クリル、パラムシル島で再び噴煙

© Sputnik / Roman Denisov北クリル、パラムシル島で再び噴煙
北クリル、パラムシル島で再び噴煙 - Sputnik 日本
北クリル諸島のパラムシル島にあるエベコ火山で21日朝、噴煙が噴き上げられているのが確認された。ロシア非常事態省サハリン州支部の広報部が明らかにした。

非常事態省の発表では噴煙による住民からの苦情、通報は入っておらず、住民生活への危害の恐れもない。

エベコ火山は死火山に分類されることから学者らは事態が噴煙から溶岩流に発展する危険性は少ないものの、火山灰が北クリル諸島の住民生活に危険を及ぼす事態は想定しうるとの見方を示している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала