中国の新しいガラス橋は危険か? 【動画】

© AFP 2022 / Fred Dufour中国の新しいガラス橋は危険か?
中国の新しいガラス橋は危険か? - Sputnik 日本
映画「アバター」の撮影が行われた中国の張家界にある国立公園にイスラエル人が世界最長のガラスの橋を建設した。人々は恐怖心を味わいながらもこの構造物と美しい自然を見にやって来る。

430メートルの長さの歩行者専用橋であり、300メートルの高さに建てられている。2つの山の崖を結ぶもので、橋の幅は6メートル。

橋の建設には3400万ドルが費やされた。床は三層ガラス製の透明板99枚で構成されている。建築家はイスラエルのハイム・ドタン氏。

ガラスブリッジは中国で非常に人気がある。パノラマ写真を撮れることが一番の理由だ。

実験では繰り返し頑丈さが確証されているが、公園の管理部は一日に8000人以上を橋に乗せないことにしている。

先に猫の代わりに狐を飼うとどうなるのかが報じられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала