沖縄・名護市辺野古の米軍基地の前で抗議市民が集まった

© AFP 2022 / Toru YAMANAKA 沖縄・名護市辺野古の米軍基地の前で抗議市民が集まった
沖縄・名護市辺野古の米軍基地の前で抗議市民が集まった - Sputnik 日本
米軍普天間飛行場の移設工事が27日午後にも再開される名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前には、同日朝から再開を警戒する市民ら約250人が集まり、移設反対の声を上げた。共同通信が報じた。

沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「国は引き続き沖縄県民の民意をないがしろにしており、強い怒りを覚える」と非難した。

南風原市から参加した無職稲福次義氏は「沈黙すれば認めることになる。これからも怒りの声を上げていく」と語気を強めた。

「辺野古新基地NO」と書かれたプラカードを掲げ、工事再開への反対を訴える人もいた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала