ロシアがどれくらい寒いのかあらためて考えてみる:超極寒地に行きたい若者たちの挑戦

人が定住している場所のうち、地球上で最も寒い場所、それはロシア連邦サハ共和国にある、オイミャコンだと言われている。ちなみにこの原稿を書いている28日時点で、オイミャコンの気温はマイナス50度である。2012年のデータによると、オイミャコンには512人の人が定住している。

雪の降り積もったサンクト・ペテルブルグ、エルミタージュ美術館前の宮殿広場 - Sputnik 日本
どうしてロシア人は冬が好き?
オイミャコンがどれくらい寒いのかについては諸説ある。非公式の記録によれば、1938年に記録したマイナス77,8 度というのが一番寒いようだ。(公式記録はマイナス71,2 度)日本では、テレビで何度か放送されたこともあり、オイミャコンという名称はある程度有名になったが、ロシア人の若い同僚たちに聞いてみると、「オイミャコン?知りません」という反応が返ってきた。というのは、ロシアにはオイミャコンレベルで寒い場所はざらにあるのだ。例えば北極圏出身の同僚は、マイナス50度でも普通に学校に通っていた。しかしある年の1月は特別寒く、1か月で80人がバスの中で凍死してしまったという。バスは普通暖房がきいているものだが、うっかり寝入ったり、すきま風のあたる場所にいると命の危険がある。同僚は「地元でマイナス50度はけっこう普通です。モスクワでマイナス20度になる方が寒いですよ」と話す。なぜか体感温度が違うのだという。筆者には、もはやレベルが高すぎてよくわからない世界だ。

ともかく、極寒の地のひとつであることは間違いないオイミャコンに、来年の2月に行きたいという情熱をもつ、ロシア人と日本人の青年がいる。ロシア人がオイミャコンに行くのは、いわば国内旅行なので普通のような気もするが、彼は生後まもなく日本に引越し、日本で育ったので、自身を「日本内ロシア人」と位置づけている。彼らは友人同士だ。二人で、未知なる世界オイミャコンに滞在することを夢見ているのだ。

日本からオイミャコンへのアクセスはもちろん容易ではない。そこで彼らはクラウドファンディングを利用し、渡航費用を集めている。彼らはこの渡航を通して、地球の神秘や大自然、生命の素晴らしさ、そして生きることの本当の豊かさを日本に伝えたいという。彼らの旅の目的を詳しく知りたい人は、こちらのサイトからアクセスできる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала