潘基文国連事務総長 自分をシンデレラに例える

31日に退任する国連の潘基文事務総長は30日、明日の夜12時に「すべてが変わる」とし、自分をシンデレラに例えて冗談を言った。AP通信が報じた。

潘基文 - Sputnik 日本
潘国連事務総長、国連はシリア市民の期待を踏みにじったと告白
AP通信によると、事務総長は国連職員を前にあいさつし、「明日の夜12時にすべてが変わるため、シンデレラのような気分だ」と述べた。

また事務総長は、「大晦日の夜、私はタイムズスクエアの風船を飛ばすイベント(ニューヨーク中心部で毎年行われている年越しイベント)にいる。数百万人の人々が、私が仕事を失う様子を目にする」と冗談を飛ばした。

また事務総長は、「人権や人間の尊厳など、人々に焦点を当てるよう」同僚たちに呼びかけたという。

潘氏は12月31日、2期10年の任期を終えて退任する。1月1日、ポルトガルのアントニオ・グテレス氏が国連事務総長に就任する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала