尖閣周辺で中国船が領海侵入

海上保安庁によると、4日午前10時10分ごろ、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船4隻が相次いで侵入した。中国公船の領海侵入は昨年12月26日以来で、今年初めて。

尖閣沖の沖合で中国海警局船4隻が航行 - Sputnik 日本
尖閣諸島の沖合で中国海警局船4隻が航行
第11管区海上保安本部によりますと、4日午前10時すぎ、尖閣諸島の魚釣島の沖合で中国海警局の船4隻が相次いで日本の領海に侵入した。4隻は、午前10時半現在、魚釣島の北北西およそ20キロの日本の領海内を航行しているが、海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けている。

尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が領海に侵入したのは、先月26日以来で、ことしに入って初めて。
沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が、日本の領海に侵入したことを受けて、外務省の金杉アジア大洋州局長は、東京にある中国大使館の公使に対し、「尖閣諸島は日本固有の領土だ」として、抗議した。共同通信が報じた。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала