マライア・キャリーの大晦日の大失態は誰のせい?【動画】

米ニューヨークで大晦日の夜に行われたカウントダウンイベントで、歌手のマライア・キャリーが大失態を演じた。怒り心頭のファンたちはその原因となった人物を探そうとし、マライアの事務所、プロデューサー、コンサートの主催者は、互いに責任をなすり合っている。

米全土で中継されたニューヨークのタイムズスクエアでのパフォーマンスは、音響トラブルにより台無しになった。マライアは、音が聞こえないと訴え、何度も歌おうとするものの、歌うのをやめてしまった。

マライアの代表者は、Billboardにイベントのプロデューサーたちがマライアに「わざと嫌がらせをした」と述べた。一方で番組制作を担当したDick Clark Productionsは、アーティストを故意に失敗させようとしたとするあらゆる非難は「誹謗中傷だ」と発表した。

ソニー・ミュージック ブリトニー・スピアーズさん死亡の偽情報に対して謝罪 - Sputnik 日本
ソニー・ミュージック ブリトニー・スピアーズさん死亡の偽情報に対して謝罪
1曲目の「Auld Lang Syne」は特に問題なく終了したが、ヒット曲の「Emotions」で問題が生じ始めた。マライアは音が聞こえないと訴え、ほとんど歌えなかった。ダンサーたちが自分のパートを踊り続け、歌えないマライアをダンスに誘う様子も、ぎこちなさを増強した。しかしそれだけでは終わらなかった。次の曲「We Belong Together」で、マライアはマイクを口から離したが歌は流れ続け、口パクがバレてしまった。

エンタメに関連ニュースはこちらから。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала