米フロリダの空港で銃乱射:5人殺害の犯人は先にFBIと接触【動画】

米フロリダ州ブロワード郡保安事務所が、同州のフォート・ローダーデール空港で男が銃を乱射し、これまでに5人が死亡、37人が負傷したとツイッターで発表した。

「この状況は変化する可能性がある。5人が死亡、8人がまず負傷。さらに37人が事件の後に負傷。」

事件が起きたのは空港の手荷物受取所。

容疑者はエステバン・サンティアゴ、ラテンアメリカ系だとみられている。容疑者は警察に拘束された。ある情報によると、容疑者は軍に所属しており、空港に到着した飛行機に合法的に銃を持ち込んだ。

「法執行機関筋によると、容疑者は以前、FBIと接触していた」とCNNテレビが報じた。他の詳細は伝えられていない。

銃撃後、空港ではすぐにパニックになった。

それより前にベラルーシ正教会が、5日から6日にかけての深夜、聖クセニヤ修道院のワシリッサ修道院長が殺害されたと発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала