米専門家 米空軍が外国で投下した爆弾の数を推定する

© REUTERS / Mohamed Al-Sayaghi米専門家 米空軍が外国で投下した爆弾の数を推定する
米専門家 米空軍が外国で投下した爆弾の数を推定する - Sputnik 日本
米国は2016年、7ヶ国で2万6171発の爆弾を投下した。最も多かったのはシリアだった。外交問題評議会のホームページに掲載された、外交政策と国家安全保障の米国の専門家ミカ・ゼンコ(Micah Zenko)氏の報告書の中で述べられている。

オバマ大統領、共和党員が「民主党員よりプーチン大統領を信用」と懸念 - Sputnik 日本
オバマ大統領、共和党員が「民主党員よりプーチン大統領を信用」と懸念
ゼンコ氏によると、シリアでは1万2192発、イラクでは1万2095発、アフガニスタンでは1337発、リビアで496発、イエメンで34発、ソマリアで12発、パキスタンで3発の爆弾が投下された。

またゼンコ氏によると、2015年に米国が投下した爆弾は3027発少なかったほか、当時リビアはリストに含まれていなかった。

なおゼンコ氏は、1回の攻撃で数発の爆弾が投下された可能性があり、信頼性の高いデータはパキスタン、イエメン、ソマリア、リビアに関するものだけであるため、これは控えめな数字だと強調している。

シリアとイラクに関するデータは、米国防総省の報告と、インターネット・アーカイブから収集したという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала