原油価格 サウジアラビア・エネルギー相の発言を受けて様々な方向で取引

© Flickr / Dana Schagunn原油価格 サウジアラビア・エネルギー相の発言を受けて様々な方向で取引
原油価格 サウジアラビア・エネルギー相の発言を受けて様々な方向で取引 - Sputnik 日本
16日にサウジアラビアのハリファ・エベルギー相が減産の有効性について懐疑的な見方を示す発言をしたのを受け、17日、原油価格が様々な方向で取引されている。

日本時間で13時47分現在、ブレント原油先物3月限の価格は0.29%安の1バレル=55.07ドル、WTI原油先物2月限の価格は0.15%増の1バレル=52.45ドルとなっている。

なお、原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала