大型トラックのスリップ事故で塩酸2000リットル流出

17日、長崎県佐世保市の国道で大型トラックがスリップし、塩酸などが入ったタンクが落下、約2000リットルの塩酸が流出した。

塩酸は川にも流れ込み、市は住民に川に近づかないよう呼びかけた。国道は通行止めとなったが、除去作業の後に解除されたという。日本のマスコミが報じた。

なお塩酸流出による人的被害の情報はないという。

NHKは「これまでのところ、健康被害の情報はないということですが、市は川に近づかないよう呼びかけています」とし、朝日新聞も「流出による人的被害は確認されていない」と伝えた。

なおTBSは、「 その後、相浦川では魚、数百匹が死んでいるのが発見されたため、塩酸を中和するアルカリ剤をまく作業などが行われました。市では水質が改善次第、取水を再開することにしています」と報じた。

塩酸は酸の一つで、肌に触れるとやけどを起す。目に入ると特に危険。

粘膜や気道を刺激する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала