大麻所持した日本女優、起訴内容を否認

© AP Photo / David Zalubowskiマリファナ
マリファナ - Sputnik 日本
沖縄県・石垣島(石垣市)の自宅に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元女優の高樹沙耶(本名益戸育江)被告は23日、那覇地裁の初公判で「私が所持している物ではない」と起訴内容を否認した。共同通信が報じた。

起訴状によると、高樹被告は同居していた会社役員森山繁成被告らと共謀。昨年10月25日、石垣市にある自宅で大麻約55グラムを所持したとしている。

高樹被告は浜松市出身で女優として活動。昨年7月の参院選に新人として出馬し、医療用大麻の解禁などを訴えたが落選した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала