2016年ロシア特務機関に7千万回のサイバー攻撃

© Sputnik / Grigoriy Sysoev / フォトバンクに移行2016年ロシア特務機関に7千万回のサイバー攻撃
2016年ロシア特務機関に7千万回のサイバー攻撃 - Sputnik 日本
ロシアの特務機関は2016年、7千万回のサイバー攻撃を受けた。そうした攻撃の大半が外国から行なわれたものだった。ロシア連邦保安庁通信安全センターのニコライ・ムラショフ代表が明らかにした。

「トランプ氏、オバマ氏のベッドに『黄金の雨』を降らせる!?」との情報は偽物 - Sputnik 日本
New York Timesのツイッターに「ロシアが米国をミサイル攻撃」という嘘のメッセージが投稿される 【写真】
こうした一方でムラショフ連邦保安庁代表はロシア下院(国家会議)での聞き情報インフラ安全保障法案を審議する席上、現時点でロシアは情報漏洩防御手段を開発する十分なポテンシャルを有していることを指摘した。

サイバー攻撃によって危機的な損害を蒙る危険性は世界の様々な例でも示されている。最近では2016年夏、イランの2つの県のガス石油分野で石油貯蔵タンクでサイバー攻撃による爆発が起きている他、12月にはロシアの銀行数行がサイバー攻撃を受けた。

それより前にソーシャルネットFacebookは、自分達のネットの弱点を見つけてくれたとしてロシア人ハッカー、アンドレイ・レオーノフ氏に記録的な額の謝礼金を支払ったと報じられ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала