2月に新しい世界の終わりが割り当て

© Flickr / Keoni Cabral2月に新しい世界の終わりが割り当て
2月に新しい世界の終わりが割り当て - Sputnik 日本
NASAの報道担当は、1月末から2月始めにかけて地球軌道上に巨大小惑星「2016 WF9」が現れ、地球を通過すると述べた。とはいえ、陰謀論者たちは、NASALが隠し事をしていて、巨大な天体は「人類共通の家」を殲滅すると確信している。「AOL News」が報じた。

イスタンブールにM7以上の地震と予測 - Sputnik 日本
イスタンブールにM7以上の地震と予測
計算によると、小惑星は地球化r数千キロの距離を通過する。一方、自称天文学者デーミン・ダミール氏は、小惑星が地球雨に向かっており、衝突の結果は大災害になると断言する。

西側メディアが報じる同氏によると、2016 WF9の地球衝突は津波と海上の水沸騰を引き起こし、核兵器爆発の可能性もある。

NASAの報道担当は一方、このような仮定を「何の根拠もないネットの噂」だと述べた。

それより前にNASAの科学者が人々は地球規模の大惨事を引き起こしうる大隕石の突然の落下に対し準備ができていないと発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала