米国の生産増加を背景に原油価格が下落 ブレント原油は1カ月で5%超の下落

31日、米国の原油増産がOPECやその他の産油国の減産に関する努力を無意味なものにする可能性があるとの投資家の予想を背景に、世界の原油価格が下落している。

日本時間14時30分現在、ブレント原油先物4月限の価格は0.22%安の1バレル=55.20ドル、WTI原油先物3月限の価格は0.44%安の1バレル=52.04ドルとなった。

原油関連のニュースはこちらから。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала