米国、水族館の高齢魚に安楽死

シカゴの水族館で水槽内で最高齢の魚に安楽死が施された。スカイニュースが報じた。安楽死したラングフィッシュの通称「グランドダッド(おじいちゃん)」は90歳を超えていた。

体重11キロの「グランドダッド」は先週、突然食欲を見せなくなったため検査が行われ、その結果、臓器の機能が停止していることが明らかになった。水族館の職員らは「グランドダッド」の年齢は100歳近いと断定している。

このラングフィッシュは1933年に豪州から連れてこられた。今までの間に1億人を超える入場者らがこの魚と出会ってきた。

ラングフィッシュは魚の中では四肢動物に最も近い。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала