学者:地球では第6次大量絶滅が始まった

© Fotolia / Erik Mandre学者:地球では第6次大量絶滅が始まった
学者:地球では第6次大量絶滅が始まった - Sputnik 日本
学者たちの国際グループは、地球では人間を原因とする、第6次大量絶滅が始まったとの結論に達した。人間が大量絶滅の原因となるのは初めて。

地球では1500年から320種の脊椎動物が消滅し、無脊椎動物の数は半数以下に減少した。

現時点で、あらゆる動物種の16-33パーセントまでが絶滅の危機に瀕している。

過去の絶滅は全て気候変動と関連していたが、現在は、動物界の食物連鎖と生息地の環境を人間の文明が侵している。

第6次絶滅の結果、地球上からゾウ、カバ、クマなどが姿を消す可能性もあるという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала