日系飛行士残骸、ボールで宇宙へ

© 写真 : NASA日系飛行士残骸、ボールで宇宙へ
日系飛行士残骸、ボールで宇宙へ - Sputnik 日本
1986年1月の米スペースシャトル「チャレンジャー」の爆発事故で死亡した日系人宇宙飛行士によって機内に持ち込まれ、残骸から回収されたサッカーボールが、悲劇から約31年を経て国際宇宙ステーションに運ばれた。米航空宇宙局(NASA)が8日発表した。

イスラエルの学者研究:人は臨床死の際 全人生を一瞬のうちに見るのか? - Sputnik 日本
イスラエルの学者研究:人は臨床死の際 全人生を一瞬のうちに見るのか?
この飛行士は日系米国人として初めてシャトルに搭乗したハワイ州出身のエリソン・オニヅカさん。

ボールは、オニヅカさんの娘が所属していた、米南部ヒューストンにあるNASAジョンソン宇宙センター近くの高校のサッカーチームからオニヅカさんに贈られた。チャレンジャーは打ち上げ後73秒で爆発。米メディアによると、機体が爆発した後、海に落下した残骸の中からボールが奇跡的に原形をとどめたままで回収され、同校で保管されていた。

国際宇宙ステーションでボールの写真を撮影した宇宙飛行士のシェーン・キンボローさんはツイッターで「このボールはあの運命の日にチャレンジャーに乗っていた」とつぶやいた。ボールは再び同校に戻される予定。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала