フランスの抗議デモー警官が取調べ中の男性を警棒で性的暴行の疑い【写真】

© Sputnik / Kristina Afanasyevaフランスの抗議デモー警官が取調べ中の男性を警棒で性的暴行の疑い【写真】
フランスの抗議デモー警官が取調べ中の男性を警棒で性的暴行の疑い【写真】 - Sputnik 日本
取調べ中の黒人男性の肛門に警棒を突っ込んだ警官の事件が揉み消されようとしているとして、フランスで数日間、抗議運動が続いている。

今月2日、パリ郊外のオルネー・スー・ボア(Aulnay-sous-Bois)で警察は麻薬の密売人に対する突入調査を行い、テオという名の男性(22)を拘束した。拘束の際のつかみ合いの過程で、警官が男性の肛門に10センチほど警棒を突っ込んだ。テオ氏は病院に搬送された。

© AP Photo / Arnaud Journoisフランスの抗議デモー警官が取調べ中の男性を警棒で性的暴行の疑い【写真】
フランスの抗議デモー警官が取調べ中の男性を警棒で性的暴行の疑い【写真】 - Sputnik 日本
フランスの抗議デモー警官が取調べ中の男性を警棒で性的暴行の疑い【写真】

警察は調査を始めたが、故意ではなかったとの結論に至った。調査は監視カメラの映像を根拠にしているが、オープンアクセスにある映像では、何が一体起きたのかをはっきり見ることは不可能だ

一方、問題の警官は性的暴行で非難されている。その場にいた3人の警官も暴行の容疑で起訴された。警官4人は停職中だが、逮捕はされていない。

フランスではこの数日、抗議デモが続いている。デモは主に、オルネー・スー・ボア近郊で行われている。デモはまた、パリ、レンヌ、ナントでも行われている。抗議に参加する人は車やゴミ箱に火をつけている。数度、警察は催涙ガスを用いる他、空に向かい威嚇射撃することを余儀なくされた。

オランド大統領は7日、テオ氏の見舞いに病院を訪れた。見舞いは30分続いた。オランド大統領との話し合いで、テオ氏は破壊運動を催さないよう呼びかけた。

人権活動家は、警官が暴行の容疑で裁かれることはまれだと指摘している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала