振り込め詐欺用口座を譲渡した高校生5人書類送検

振り込め詐欺で使う口座を不正に入手したとして大阪府内の公立高校1年の男子生徒(16)が逮捕された事件で、口座を開設して男子生徒に渡したとして、大阪府警が16日、犯罪収益移転防止法違反などの容疑で、15~16歳の男子高校生5人を書類送検したことが分かった。

捜査関係者によると、5人は昨年8月上旬、金融機関で複数の口座を開設して通帳とカードを友人の男子生徒に渡し、暗証番号を伝えた疑いが持たれている。いずれも容疑を認めているという。

男子生徒は、中学時代の同級生だった男子高校生6人に「1口座5千円で買い取る」と依頼。1人は開設した口座を渡していなかった。

調べに対し、5人は「(口座が)何か悪いことに使われると思った」などと供述したという。

府警は今月1日、アダルトサイトの登録料名目で現金を詐取したなどとして、詐欺容疑などで大阪市東成区の無職の男(30)ら4人を逮捕。口座を渡した男子生徒も逮捕した。

生憎、口座の一部は、実際の事件で使われていたという。産経新聞が報じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала