正男氏の息子 ハンソル氏、暗殺警戒のため英・留学断念

正男氏の息子ハンソル氏(21)が事件前、昨年9月からの英オックスフォード大学大学院への進学が一度は決まっていたが、諦めていた、と英紙メール・オン・サンデー(電子版)は19日に伝えた。

マレー警察:金正男氏の遺体引き取りに遺族が来るべき - Sputnik 日本
マレー警察:金正男氏の遺体引き取りに遺族が来るべき
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏暗殺を受け、息子ハンソル氏(21)は中国当局に北朝鮮工作員による暗殺の危険性を警告されたためという。
中国筋は同紙に対し「中国が不機嫌になるのは困るから正恩はあえて中国で暗殺はしない。しかし、英国は危険だ」と述べた。
ハンソル氏は2013年、ボスニア・ヘルツェゴビナのインターナショナルスクールを卒業。フランス屈指のエリート校、パリ政治学院に合格し、パリ郊外で3年間、政治学を学んだようだ。メール紙によると、恋人ソニアさんと共に、昨年9月からオックスフォードに進学するはずだった。
しかし、ちょうど合格通知と同じころ、中国の治安当局から、正男氏とハンソル氏の暗殺を、正恩氏が企てている恐れがあると知らされた。中国やマカオを離れれば北朝鮮が暗殺団を送り込んでくると父子に警告したという。
英国留学を断念したハンソル氏は18日時点で、母親や妹(18)と一緒にマカオの厳戒下の集合住宅で暮らしている。近隣住民は、正男氏暗殺の少なくとも3カ月前から、武装警官が警備を強化していたと証言した。時事通信が報じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала