マンハッタンの大きさの氷河が南極から分離 【写真】

© Sputnik / Vera Kostamoマンハッタンの大きさの氷河が南極から分離 【写真】
マンハッタンの大きさの氷河が南極から分離 【写真】 - Sputnik 日本
南極南西部のパインアイランド氷河が割れ、マンハッタンと同じ大きさ(長さ約3,6キロ)を持つ氷山が分離した。

南極で失われる氷の総量の4分の1は、このパインアイランド氷河の崩壊によるものである。この場合、専門家らは、南極の氷床の劣化の原因について、その基盤の部分が温かい海水に浸かっていることを挙げている。

先の報道では、太平洋南西部の水中に、地球の8番目の大陸Zealandがある。ニュージーランド、オーストラリア、ニューカレドニアの地質学者らは、このような結論に達した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала