埼玉県で医者、手術中に麻薬注射

© Fotolia / Creativa埼玉県で医者、手術中に麻薬注射
埼玉県で医者、手術中に麻薬注射 - Sputnik 日本
埼玉県警は20日、医療用麻薬を不正に所持していたとして、麻酔科医楢原創(はじめ)容疑者を麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕したと発表した。

ドイツ年金男性 「ハリボ」のお菓子のクマに毒を入れると脅迫 - Sputnik 日本
ドイツ年金男性 「ハリボ」のお菓子のクマに毒を入れると脅迫
発表では、楢原容疑者は3日、埼玉県行田市の病院で、医療用麻薬「フェンタニル」を含む液体約6・6グラムを、医療目的でないのに所持していた疑い。調べに対し「持っていたのは間違いない」と供述しているという。時事通信が報じた。

楢原容疑者は医師紹介会社に登録し、依頼に応じて各地の病院で働いていた。3日午後は、行田市の病院からの依頼で70歳代男性の手術に加わっていたが、手術中、自分の腕に液体を注射している様子を女性看護師が目撃。病院からの通報で駆けつけた行田署員が、ロッカーに置かれた楢原容疑者のかばんの中からフェンタニル入りの注射器を見つけた。

フェンタニルは鎮痛作用があり、麻酔薬として使われている。手術は無事終了したが、楢原容疑者はフラフラした状態だったという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала