IOC:WADAがドーピングに関する報告書についてロシア人選手の罪の証拠が不十分であることを認めた

© AP Photo / Bernat ArmangueWADA
WADA - Sputnik 日本
世界アンチ・ドーピング機関(WADA)は、リチャード・マクラーレン氏率いるWADA 独立委員会の報告書について、ロシア人選手がアンチ・ドーピング規則違反に関与したとする証拠が不十分であることを認めた。

ドーピングに関する真実のすべて:どんな薬を五輪王者が使ったかハッカーが暴露 - Sputnik 日本
ドーピングに関する真実のすべて:どんな薬を五輪王者が使ったかハッカーが暴露
国際オリンピック委員会(IOC)のホームページに掲載されたリストフ ドゥ ケッパーIOC事務総長の公開書簡の中で述べられている。

また書簡では、WADAは報告書で使用されている文書の翻訳に不満を抱いていると指摘されている。WADAはより詳細な解読を求めたという。

マクラーレン氏は昨年12月、委員会の報告書第2部を公表した。同氏はその中で、2014年ソチ五輪に参加したロシア人選手のドーピング・サンプルの不正操作が行われたと主張した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала