モハメド・アリ 死して息子に栄光と名ばかりでなく移民問題も残す

© AP Photoモハメド・アリ 死して息子に栄光と名ばかりでなく移民問題も残す
モハメド・アリ 死して息子に栄光と名ばかりでなく移民問題も残す - Sputnik 日本
米当局の新たな厳しい移民管理措置は、またもやスキャンダルをもたらした。フロリダ国際空港で、米国のパスポートで旅行していたプロボクシングの元世界ヘビー級王者故モハメド・アリ氏の息子が拘束されたのだ。

ブレグジット - Sputnik 日本
ブレグジット決定後:英国の移民純増数、27万人に減速
この出来事が起きたのは2月7日で、息子が母親とジャマイカから帰国した時だった。入国管理官は、母親は通したが、モハメド・アリJr.は、小部屋で取り調べを受けた。

そのさい特に、どうしてそんな名前なのかと聞かれたほか、イスラム教徒かどうか質問されたという。2時間後に身柄は自由となったが、モハメド・アリJr.は、米当局を相手取って訴訟を起こす可能性を検討中だ。氏は「自分の権利は侵害された、不法に拘束された」と述べている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала