金正男氏暗殺で北朝鮮 再びテロ支援国家のリスト入りか

© REUTERS / KCNA金正男氏暗殺で北朝鮮 再びテロ支援国家のリスト入りか
金正男氏暗殺で北朝鮮 再びテロ支援国家のリスト入りか - Sputnik 日本
朝鮮民主主義人民共和国の指導者金正恩委員長の異母兄、金正男氏殺害事件は、世界政治の状況を複雑かつ困難なものにし続けている。

米国は、北朝鮮をテロ支援国家のリストに含めるプランを検討中だと発表した。北朝鮮は、これまでも1987年から2008年まで、大韓航空機の乗員乗客115人が犠牲となった事件の罪を問われ、このリスト入りしていた。なおこれは、大韓航空機爆破事件と呼ばれ、1987年11月29日、偽造パスポートを使い日本人に成り済ました北朝鮮の工作員が、大韓航空の旅客機を飛行中に爆破したとされるテロ事件である。

金正男氏は、マレーシアの首都クララルンプールの空港で、おそらく神経ガスVX13により暗殺されたものと見られている。

マレーシア警察はまた、拘束された北朝鮮市民、北朝鮮外交官、国営コリョ(高麗)航空の職員などから供述を得ようとしている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала