ソ連時代の体操選手、米国で自身の全メダルを売却

© Sputnik / Dmitryi Donskoyオルガ・コルブトさん
オルガ・コルブトさん - Sputnik 日本
オリンピックで4度の優勝経験がある、現在米国在住のソ連の有名な女子体操選手オルガ・コルブトさんが、オークション「Platinum Night」で自らのオリンピックのメダルを23万ドル(約2500万円)で売却した。スプートニクが報じた。

「史上最悪のクロスカントリースキーヤー」その秘密はどこに? - Sputnik 日本
「史上最悪のクロスカントリースキーヤー」その秘密はどこに?
コルプトさんは自身の全てのメダルの他、1973年ロンドンでの競技で着用した有名な青い体操レオタードを競売にかけた。競売には32品がかけられた。

しかし、コルプトさんが売ったのはわずか7品のみ。1972年ミュンヘン五輪の団体総合の金メダル、同32年ゆかの金メダル、1976年モントリオール五輪の団体総合の金メダル、平均台の銀メダル。さらに体操レオタードと、米スポーツ週刊誌『スポーツ・イラストレイテッド』の、コルプトさんが表紙を飾っているところに書かれたサインだ。

コルプトさんは総額23万ドルを受け取った。

コルプトさんがこれらの品物を競売にかけた理由は明らかにされていない。

なお先に伝えられたところによると日本オリンピック委員会(JOC)は、2020年東京五輪の金、銀、銅のメダルに必要となる金属を回収するため、4月から古くなったり使われなくなった携帯電話の回収を開始する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала