日本の漁業関係者、南クリルで望むものを語る

© Sputnik / Vladimir Fedorenko日本の漁業関係者、南クリルで望むものを語る
日本の漁業関係者、南クリルで望むものを語る - Sputnik 日本
北海道根室市と周辺4町の漁業協同組合町会は8日、クリル諸島における共同経済活動を巡った要望を国に提出する予定。

共同通信によると、要望には南クリル諸島(北方4島)の周辺海域の水産資源の調査と保冷施設や交通インフラの整備を求めている。さらに、スケトウダラやホッケ、サケ・マス、カニ、コンブなどの養殖や漁獲を提案した。

ロシアと日本は今月18日、南クリル諸島における共同経済活動に関する外務次官級協議を行う。南クリル諸島における共同経済活動の可能性の審議については、昨年12月15日、16日に行われたプーチン大統領訪日中の露日首脳会談で合意に至った。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала