ロボットから人への皮膚移植開始か?

© 写真 : Pixabayロボットから人への皮膚移植開始か?
ロボットから人への皮膚移植開始か? - Sputnik 日本
米オックスフォード大学の研究チームは、人間によく似たロボットは人間の肌のドナーになれるとの見解を示した。皮膚「栽培」のためのこのようなロボットの利用に対するビジョンを示した論文は、科学誌『サイエンス』に掲載された。

研究チームによると、腱志郎やEccerobotといったロボットに移植された特殊なバイオリアクターは、外部条件に反応し、化学反応を起こすことで、ヒトの皮膚細胞をロボットのフレーム上で「拡大させ」る。このように得られた皮膚サンプルは、移植用の皮膚作成のためのより強固で効果的な基になるとチームは主張する。

人間によく似たロボットである腱志郎やEccerobotは日本とスイスの研究チームによって、ヒトの運動器の反射機能を最大限に正確に再現するためにそれぞれ2011年と2012年に作られた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала