登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

海自最大の護衛艦「いずも」を南シナ海に派遣へ

フォローする
海上自衛隊は今年5月、日本最大の最新鋭ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を南シナ海に派遣する。日米印の共同訓練「マラバール」参加などが目的。ロイターが自衛隊の複数の関係者の情報を基に報じた。

中国、陸兵隊隊員を4倍に増やす計画 - Sputnik 日本
中国、陸兵隊隊員を4倍に増やす計画
スプートニク日本

ロイターは関係者の次の発言を引用した。

「我々の目的は、長期任務に送ることで『いずも』の能力をテストすることだ。南シナ海で米海軍と訓練を行う。」

また、いずもは航海中、インドネシア、シンガポール、フィリピンの港に数回寄港する予定だという。日本への帰港は8月となる。

基準排水量約1万9500トンである、海自最大の護衛艦「いずも」が就役したのは2015年。

これより前に伝えられたところでは、日本は敵基地攻撃能力保有を検討する可能性を排除しなかった。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала