登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

スプートニク、火星でジャガイモを育てる方法を明らかにする

© Fotolia / Brent Hofackerスプートニク、火星でジャガイモを育てる方法を明らかにする
スプートニク、火星でジャガイモを育てる方法を明らかにする - Sputnik 日本
フォローする
「インターナショナル・ポテト・センター」がNASAのエイムズ研究センターとともに行っている『火星でジャガイモ』プロジェクトは火星の環境でじゃがいもの栽培が可能だと示そうと試みている。

スプートニク日本

これまでの肯定的な結果の情報は今月8日、プロジェクトのサイトに現れた。スプートニクはプロジェクトに参加している、ペルーのエンジニアリング技術大学(universidad de ingeniería y tecnología)のフリオ・バルディビア・シルバ氏にインタビューした。シルバ氏は、火星でどの品種のジャガイモが生存できるのかを知るために火星の大気の極限状態を模倣した装置を作った。

スプートニク:シルバ博士、ジャガイモ栽培を試すのが決められたのが他の惑星ではなく、火星なのはなぜですか?

シルバ氏:「45億年前、火星は地球と類似した環境を持っていた。そこには液体の水の海、湖、大きくない川があったことが知られている。これは、火星にエネルギーがあったことを意味する。ついに、最近そこで有機物の存在が証明された。火星には生命のための不可欠な条件全てがあるということになる。」

スプートニク:火星の水は生命を維持できたであろうものでしたか?

シルバ氏:「夏には火星に液体の水がある。それは非常に塩分が高い。一方、濾過が可能だということが希望を与える。また、表面下には大きな氷の層が眠っている。これらすべてから、火星は生命発見のための候補になる。また、これは火星に緑のコロニーを作る素晴らしい可能性でもある。」

スプートニク:いかに火星の条件を地球上に再現できたのですか?

シルバ氏:「最初の段階では大気、温度、放射線、日周期の変化、大気ガスの濃度の部分で火星の条件を模倣できるシステムを開発する必要があった。地球上のどこでも模倣できないものがある。それは重力だ。火星の重力は地球の3分の1で、それを考慮すると、火星の条件に近づけるためにはもはや火星にいるか、特別な方法で人工衛星の加速や操縦をコントロールする必要がある。私がバイオエンジニアグループを率いるペルーのエンジニアリング・技術大学で、我々はシミュレーター『Cubesat』を構築した。」

世界には約4500種のジャガイモが存在する。ジャガイモは地元の他の作物であるサツマイモやキノアとは異なり、遺伝的に非常によく適合している。シルバ氏は、今後の実験はジャガイモが育つことができる限界状態の研究と関連するものになると述べる。火星の大気の温度はマイナス70度からプラス20度と振れ幅がある。ジャガイモはすでにマイナス10度の気温においても成長している。プロジェクトはネット上のライブ放送で観察することができる。

ライブストリームはこちら

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала