登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

秋田で北朝鮮のミサイル攻撃を想定した全国初の演習実施

© REUTERS / KCNA秋田で北朝鮮のミサイル攻撃を想定した全国初の演習実施
秋田で北朝鮮のミサイル攻撃を想定した全国初の演習実施 - Sputnik 日本
フォローする
北朝鮮による弾道ミサイル発射が相次ぐ中、政府は17日、日本領域への落下に備え、秋田県男鹿市で初の避難訓練を実施した。県、市との共催で、情報の伝達や住民の避難を速やかに行えるかを確認し、安全の確保につなげる狙い。共同通信が報じた。

スプートニク日本

安倍首相 - Sputnik 日本
安陪首相訪欧を正式発表
訓練は仮想の国からミサイルが発射され、秋田県沖の領海内に落ちたと想定。海に面した男鹿市北浦地区の住民ら110人に公民館と小学校への避難を呼び掛けた。

ミサイル情報は、国から全国瞬時警報システム(Jアラート)などで県と市に伝達。市は防災行政無線を通じたアナウンスと、事前に登録したスマートフォンなどへのメールで住民に速報した。

地区の北陽小学校では、校庭にいた児童44人が防災無線のアナウンスを受けて、小走りで体育館へ。菊池晋校長は「ミサイルは子どもの安全に関わる問題なので心配だ。いざという時は国や県を信じるしかないのでスムーズに情報を伝達してほしい」と話した。

北朝鮮は昨年から弾道ミサイル発射を繰り返し、6日にも4発を発射。日本海に落下し、3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内で、政府はこのうち1発が石川県・能登半島沖約200キロに落ちたと推定している。

政府はこれまでJアラートを使った自治体への速報訓練は行ってきたが、住民も参加する避難訓練は初めて。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала