米情報機関 ロシアが選挙に介入との説に依然として固執

米国の情報機関は、ロシアが選挙に介入したとの主張に依然として固執しているものの、証拠は提出しない。米国家安全保障局のマイケル・ロジャース局長が発表した。

スプートニク日本

ロジャース氏は上院の情報委員会の公聴会で、「(ロシアの介入に関する)我々の評価は変わっていない」と述べた。

ロジャース氏は「今日の審議では、私は一般にアクセス可能な情報に制限する」とした上で、「一連の問題についての具体的なデータを提出しない」と付け加え、機密情報については話し合わないことを強調した。

さらにロジャース氏は、「情報筋を守る」ために、情報機関はいかにして結論に至ったかについての詳細を提供するつもりがないと改めて主張した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала