登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米シンクタンク:中国、人工島への戦闘機配備の寸前か

フォローする
米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)傘下のアジア海事透明性イニシアチブ(AMTI)は27日、中国が南シナ海に造成した人工島で進めてきた主要な軍事施設の建設をほぼ終え、戦闘機をいつでも配備できる状態にあるとの見方を示した。

スプートニク日本

AMTIによると、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島のファイアリー・クロス(永暑)礁、スビ(渚碧)礁、ミスチーフ(美済)礁でレーダーや海軍・空軍の施設の工事が完了しつつある。
中国は南シナ海を軍事拠点化しているとの米国側の指摘を否定している。

米国防総省のロス報道官は、国防総省は情報活動についてコメントしないとし、AMTIの具体的な分析内容に関するコメントを拒否した。その上で、「中国が南シナ海で建設活動を続けていることは、中国が地域の緊張を高め、平和的な問題解決に逆効果となる一方的な行為を続けているという証拠をなす」と語った。ロイター通信が報じた。

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала