北朝鮮ミサイル発射が円相場支える

北朝鮮が5日、弾道ミサイルを発射したことを受けて安全資産への需要が伸びていることを背景に、ドル・円相場は押し下がっている。

スプートニク日本

日本時間14時41分時点でドル・円相場は4日の市場の1ドル=110.74円から110.64円に押し下げ。ユーロ・ドル相場は1ドル=1.0670ユーロで、4日の取引終了時の水準にあった。6つの通貨に対するドル相場のドルインデックスは0,02%上がり、100.51となった。

経済関連のニュースはこちらから。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала