中国はアサド政府を尊重 シリア政府の運命はシリア国民が決めるべき 中国外務省

中国はシリアのバシャル・アサド大統領政府を尊重している。同政府の運命を決めるのはシリア国民でなければならない。中国外務省のフア・チュンイン公式報道官は7日のブリーフィングでこうした声明を表した。

スプートニク日本

中国外務省のフア報道官は「申し上げさせていただきたいが、まず中国は他国の内政干渉を一度も行ったことはない。シリアのアサド大統領はシリア国民によって選ばれたのであり、我々はシリア国民が自分たちのリーダーを選び、独自の発展の道を選んだ選択を尊重する」と語った。

米国はシリアのイドリブで行われた化学兵器攻撃への報復として、同国西部にある軍事基地を攻撃した

米国政権の発表によれば、地中海の軍艦からホムス県の空軍基地に向けて、およそ59発のトマホークミサイルが発射された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала