国際自然保護機構、世界樹木についての研究結果を公開 世界に何種類樹木があるか知ってる?

© Sputnik / Yuriy Kaver国際自然保護機構、世界樹木についての研究結果を公開 世界に何種類樹木があるか知ってる?
国際自然保護機構、世界樹木についての研究結果を公開 世界に何種類樹木があるか知ってる? - Sputnik 日本
植物園自然保護国際機構 (BGCI)が500メンバー機構から収集された情報に基づき、世界には全部で60065種類の樹木があると明らかにした。このデータを使用し、BGCIは早急な保護が待たれる希少な樹木種類を見つけ出し措置を講じてそれらの絶滅を避けることができるよう望んでいる。新華網通信が報じた。

スプートニク日本

BBCニュースが5日、「世界の樹木研究」の結果を基にブラジルは樹木種類が最も多い国で、総計8715種に及ぶと報じた。北極及び南極地域には樹木がなく、北アメリカ大陸の北極に近い地域では樹木種類が最も少なく、1400種に満たないとも伝えた。

さらに、同研究によれば、58%の樹木種類が1か国でしか見られないという。また、およそ300の樹木種類が極度な絶滅危惧種にリストされ、それらは自然環境の中で1種類につき平均50本以下しか生存しないという。

BGCIのポール・スミス事務局長は「この研究は樹木種類の地理的位置を提供しており、樹木種類の保護に役立つだろう」と述べた。

BGCIは「これは動態的な樹木種類のリストで、更新され続け、命名され新たに発見された樹木種類にリストされており、毎年約2000種類がリストに加えられている」と伝えた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала