登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

西側マスコミにとって重要なのは調査ではなく敵のイメージを維持する事

© REUTERS / Khalil Ashawi西側マスコミにとって重要なのは調査ではなく敵のイメージを維持する事
西側マスコミにとって重要なのは調査ではなく敵のイメージを維持する事 - Sputnik 日本
フォローする
ドイツの政治学者で中東問題専門家、さらには週間新聞ディー・ツァイトの記者を務めた経験もあるマイケル・ルエダーズ氏は、ZDFテレビのトークショー番組に出演した中で「ドイツのマスメディアは、シリア紛争の構図を単純化する事を良しとしている」と批判した。

米国 シリア攻撃に反対する抗議行動が数箇所で【動画】 - Sputnik 日本
米国 シリア攻撃に反対する抗議行動が数箇所で【動画】
スプートニク日本

イドリブで起きた化学兵器攻撃について、ルエダース氏は「マスコミは、状況を詳しく調査せず、攻撃の責任をシリア政府軍に負わせることを急いだ」と指摘する一方。次のようにコメントした-

「こうした出来事は『他の旗の下での』作戦である可能性もある。すべてのことは、もし望むならば明らかにできるが、その時は当然、敵の形象が崩れてしまう。もはや単純に、これらは正義の味方で、あちらは悪者などと言えなくなってしまう。

敵のイメージ作りを助けているのは、攻撃の際に被災したとされる、子供を含めた一般住民の写真だ。 シリアの子供達に起きていることは、恐ろしいの一言に尽きるが、我々、欧州人の税金で運営されている何とも疑わしいメディアセンターが、イスラムの聖戦を掲げるグループに利用され、彼らが、まず何よりも自由を目指す戦士として伝えられていることは、卑劣である。

ドイツの雑誌の中で、こうした事を述べているものは一つもない。これでは彼らにとって重要なのは、詳しく調査する事ではなく、敵のイメージを維持する事なのではないかとの印象を持ってしまう。」

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала