登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

中国、スーパープロセッサ製造に100万ドルを費やす

© Fotolia / Tomasz Zajda中国、スーパープロセッサ製造に100万ドルを費やす
中国、スーパープロセッサ製造に100万ドルを費やす - Sputnik 日本
フォローする
中国科学院は、自己学習が可能なプロセッサ製造分野の研究を行っている。未来のプロセッサの名前は「Cambrian Period」で、プロジェクトの予算は、1000万元(約140万ドル)。マスコミが新華社通信の情報を引用して報じた。

イーロン・マスク氏が脳とコンピューターを接続へ? - Sputnik 日本
イーロン・マスク氏が脳とコンピューターを接続へ?
スプートニク日本

科学院の発表では、「人工知能の構造とアルゴリズムの形成分野の研究に主な力が注がれている。これは世界のプロセッサ市場における中国の立場を強化する」と述べられている。新華社通信が報じた。

学者たちは、プロセッサが人体の神経細胞のシミュレーションを可能とすることに期待しているという。

新華社通信によると、プログラムの責任者を務めるチェン・ユンジー氏は「プロセッサCambrian Periodは生産性でAlphaGoに劣らないが、よりコンパクトでエネルギー消費も少ないものとなる」と述べた。なおユンジー氏は、プロジェクト実現に要する時間については明らかにしなかった。

なおDeepMindによって開発されたプログラムAlphaGoは、2016年3月に行われた世界のトップ棋士の1人、韓国のイ・セドル氏との対局で勝利している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала