登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ユーリイ・ガガーリン 歴史的な宇宙飛行成功に向けて

フォローする
毎年4月12日、ロシアでは、宇宙飛行学の日が祝われる。この日は、人類初の有人宇宙飛行成功を記念し1962年に制定されたものだ。地球周回軌道飛行に向け準備する人類史上初の宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンの貴重な写真の数々を御紹介したい。
© Sputnik未来の宇宙飛行士第一号は、まずパイロット養成軍事航空学校で、その準備を開始した。
未来の宇宙飛行士第一号は、まずパイロット養成軍事航空学校で、その準備を開始した。 - Sputnik 日本
1/17
未来の宇宙飛行士第一号は、まずパイロット養成軍事航空学校で、その準備を開始した。
© Sputnik航空学校卒業後、ガガーリンは、北方艦隊航空連隊に派遣された。
航空学校卒業後、ガガーリンは、北方艦隊航空連隊に派遣された。 - Sputnik 日本
2/17
航空学校卒業後、ガガーリンは、北方艦隊航空連隊に派遣された。
© 写真 : Courtesy I.I.Kasyan archive/Roscosmos 1959年末、ガガーリンは、宇宙飛行士候補グループに自分を含めるよう頼むレポートを書く。
1959年末、ガガーリンは、宇宙飛行士候補グループに自分を含めるよう頼むレポートを書く。 - Sputnik 日本
3/17
1959年末、ガガーリンは、宇宙飛行士候補グループに自分を含めるよう頼むレポートを書く。
© Sputnik数多くの様々なテストやチェックをパスし、ガガーリンは宇宙飛行士適格者と認められた。
数多くの様々なテストやチェックをパスし、ガガーリンは宇宙飛行士適格者と認められた。 - Sputnik 日本
4/17
数多くの様々なテストやチェックをパスし、ガガーリンは宇宙飛行士適格者と認められた。
© Sputnik1960年3月7日、ガガーリンは、宇宙飛行士候補者グループのメンバーに登録された。
1960年3月7日、ガガーリンは、宇宙飛行士候補者グループのメンバーに登録された。 - Sputnik 日本
5/17
1960年3月7日、ガガーリンは、宇宙飛行士候補者グループのメンバーに登録された。
© Sputnik宇宙技術を研修する、初の宇宙飛行士部隊のメンバー達。
宇宙技術を研修する、初の宇宙飛行士部隊のメンバー達。 - Sputnik 日本
6/17
宇宙技術を研修する、初の宇宙飛行士部隊のメンバー達。
© 写真 : Twitter account of Roscosmos最初、宇宙飛行士部隊は20人だったが、そのうち宇宙に飛んだのは12人だけだった。
最初、宇宙飛行士部隊は20人だったが、そのうち宇宙に飛んだのは12人だけだった。 - Sputnik 日本
7/17
最初、宇宙飛行士部隊は20人だったが、そのうち宇宙に飛んだのは12人だけだった。
© 写真 : Twitter account of Roscosmos部隊のメンバー登録の際、最年長は34歳、最年少は23歳だった。
部隊のメンバー登録の際、最年長は34歳、最年少は23歳だった。 - Sputnik 日本
8/17
部隊のメンバー登録の際、最年長は34歳、最年少は23歳だった。
© Sputnik / Igor Snegirev ガガーリンの試験をするセルゲイ・コロリョフ・アカデミー会員。
ガガーリンの試験をするセルゲイ・コロリョフ・アカデミー会員。 - Sputnik 日本
9/17
ガガーリンの試験をするセルゲイ・コロリョフ・アカデミー会員。
© 写真 : Courtesy I.I.Kasyan archive/Roscosmos 1961年4月8日、27歳のガガーリンは、宇宙船「ヴォストーク」の操縦士に任命された。
1961年4月8日、27歳のガガーリンは、宇宙船「ヴォストーク」の操縦士に任命された。 - Sputnik 日本
10/17
1961年4月8日、27歳のガガーリンは、宇宙船「ヴォストーク」の操縦士に任命された。
© Sputnikガガーリンを最初に宇宙に送ることに関する国家委員会の決定が、飛行士達に伝えられたのは、4月10日のことだった。
ガガーリンを最初に宇宙に送ることに関する国家委員会の決定が、飛行士達に伝えられたのは、4月10日のことだった。 - Sputnik 日本
11/17
ガガーリンを最初に宇宙に送ることに関する国家委員会の決定が、飛行士達に伝えられたのは、4月10日のことだった。
© Sputnik同じ日、ガガーリンは家族に手紙を書き、その中で親族に「どうか嘆き悲しまないで、人生は人生、明日車に轢かれて死なないなんて保証は誰にもないのだから」と記した。
同じ日、ガガーリンは家族に手紙を書き、その中で親族に「どうか嘆き悲しまないで、人生は人生、明日車に轢かれて死なないなんて保証は誰にもないのだから」と記した。 - Sputnik 日本
12/17
同じ日、ガガーリンは家族に手紙を書き、その中で親族に「どうか嘆き悲しまないで、人生は人生、明日車に轢かれて死なないなんて保証は誰にもないのだから」と記した。
© Sputnik4月12日午前7時頃、バイコヌール基地の発射場に向かうバスに乗るガガーリン。
4月12日午前7時頃、バイコヌール基地の発射場に向かうバスに乗るガガーリン。 - Sputnik 日本
13/17
4月12日午前7時頃、バイコヌール基地の発射場に向かうバスに乗るガガーリン。
© Sputnik / A. Sverdlov事前に予想されたより、はるかに多くの見送りが集まったバイコヌールの発射場。
事前に予想されたより、はるかに多くの見送りが集まったバイコヌールの発射場。 - Sputnik 日本
14/17
事前に予想されたより、はるかに多くの見送りが集まったバイコヌールの発射場。
© Sputnikガガーリンと共に、宇宙船設計者が昇降機で登り、降下装置に彼が乗り込むのを助けた。
ガガーリンと共に、宇宙船設計者が昇降機で登り、降下装置に彼が乗り込むのを助けた。 - Sputnik 日本
15/17
ガガーリンと共に、宇宙船設計者が昇降機で登り、降下装置に彼が乗り込むのを助けた。
© Sputnik1961年4月12日、午前09時07分、バイコヌール基地から宇宙船「ヴォストーク1号」を搭載した打ち上げ用ロケット「ヴォストーク」が、ガガーリン飛行士を乗せ、大空に向け発射された。
1961年4月12日、午前09時07分、バイコヌール基地から宇宙船「ヴォストーク1号」を搭載した打ち上げ用ロケット「ヴォストーク」が、ガガーリン飛行士を乗せ、大空に向け発射された。 - Sputnik 日本
16/17
1961年4月12日、午前09時07分、バイコヌール基地から宇宙船「ヴォストーク1号」を搭載した打ち上げ用ロケット「ヴォストーク」が、ガガーリン飛行士を乗せ、大空に向け発射された。
© Sputnik / Igor Snegirev 地球周回軌道上を一周した後、降下装置でガガーリンは、ソ連領内に帰還した。彼は、地上から数千メートルのところで、脱出装置で船外に出てパラシュートを開き、10時55分に地上に到着した。ガガーリンの伝説的なこの宇宙飛行の所要時間は、108分だった。
地球周回軌道上を一周した後、降下装置でガガーリンは、ソ連領内に帰還した。彼は、地上から数千メートルのところで、脱出装置で船外に出てパラシュートを開き、10時55分に地上に到着した。ガガーリンの伝説的なこの宇宙飛行の所要時間は、108分だった。 - Sputnik 日本
17/17
地球周回軌道上を一周した後、降下装置でガガーリンは、ソ連領内に帰還した。彼は、地上から数千メートルのところで、脱出装置で船外に出てパラシュートを開き、10時55分に地上に到着した。ガガーリンの伝説的なこの宇宙飛行の所要時間は、108分だった。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала