被爆元留学生親族と面会へ 皇太子さま、マレーシアで

© AFP 2022 / Jewel Samad被爆元留学生親族と面会へ 皇太子さま、マレーシアで
被爆元留学生親族と面会へ 皇太子さま、マレーシアで - Sputnik 日本
宮内庁は12日、マレーシアを13日から訪問する皇太子さまが現地滞在中に首都クアラルンプールのマラヤ大を訪れ、太平洋戦争中に広島に留学し、原爆投下の被害を受けた故アブドル・ラザクさんの長男と14日に面会されると発表した。共同通信が報じた。

福島第一原発 - Sputnik 日本
ロシア製中性子検出器は福島第一原発事故処理の救世主となりうる
スプートニク日本

日本の外務省によると、ラザクさんは日本に協力的な人材を育てる目的で「南方特別留学生」に選抜され、1944年に来日。45年に広島大の前身の広島文理科大に進学したが、在学中に被爆した。帰国後は教壇に立ち、日本語教育の発展に貢献した。

ラザクさんは、広島大から名誉博士号を授与された2013年に88歳で死去した。

面会するのは、ラザクさんの長男で元マレーシア科学大副学長のズルキフリ・アブドル・ラザクさん。長年親交があった元拓殖大教授(マレーシア地域研究)の小野沢純さん(75)は「こういう方がいたことを知ってもらえる良い機会になる」と喜んでいる。

今回の訪問は国交樹立60周年に当たり、友好親善を促進するのが目的。17日に帰国する。

先の報道によると、安倍首相は、福島第1原発周辺のかつて避難区域だった福島県楢葉町の牧場を視察し、生乳から作った牛乳を試飲した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала