ウィキリークスがCIAの新たな機密資料公開

© REUTERS / Neil HallウィキリークスがCIAの新たな機密資料公開
ウィキリークスがCIAの新たな機密資料公開 - Sputnik 日本
ウィキリークスは米国の新たな機密情報をサイト上に発表した。公開されたのは中央情報局(CIA)に所属する「ヴォルト7」と呼ばれる機密情報。

ウィキリークス CIA極秘文書の新たな部分を公表 - Sputnik 日本
ウィキリークス CIA極秘文書の新たな部分を公表
スプートニク日本

前回、4月7日に公開されたのは「グラスホッパー(バッタ)」と呼ばれる文書。

ウィキリークスは今回公表されたのはハッカーのプログラム「HIVE(ハニカムツールサーバー)」から得られた6つの文書。これは得られた情報をCIAへと渡し、また特殊な課題の遂行命令を受けるためのもの。

アンチウイルスソフトウエアの開発企業は害を及ぼすプログラムの行動を追跡することはできたが、これがCIAに属するものであるかは特定できなかったと指摘されている。

ウィキリークスはCIA文書の最初の部分を3月7日に公開した。公開はCIAから漏洩した機密情報としては最大規模のものとされている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала