登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

安倍首相、有事の場合の対応について語る

© REUTERS / Yuya Shino安倍首相、有事の場合の対応について語る
安倍首相、有事の場合の対応について語る - Sputnik 日本
フォローする
安倍首相は衆議院決算行政監視委員会で、北朝鮮に対して外交努力と、圧力をかけていくことが大切だとの考えを示した。

スプートニク日本

安倍首相 ペンス米副大統領との会談 北朝鮮問題への米国の考え方を評価 - Sputnik 日本
安倍首相 ペンス米副大統領との会談 北朝鮮問題への米国の考え方を評価
首相は「北朝鮮は軍事力を誇示しているが外交努力を通じて平和を守ることが重要だ。同時に、北朝鮮が真剣に対話に応じるよう圧力をかけていくことが必要だ」と述べた。NHKが報じた。

NHKによると、そのうえで安倍首相は、米国や韓国との連携に加え、北朝鮮に強い影響力を持つ中国、さらには、ロシアとも連携する考えを強調した。また朝鮮半島で在留邦人や避難民の保護が必要になる場合も想定して対応を検討していることも明らかにした。

また読売新聞によると、日本政府は北朝鮮による挑発行為が続いているのを受け、適切な防衛体制を整えるため、「北朝鮮が日本領海内に弾道ミサイルを発射した場合、自衛隊への防衛出動の発令が可能となる『武力攻撃切迫事態』に認定する方向で検討に入ったという。

同紙によると、個別的自衛権の範囲内で自衛隊が出動できる状況は緊迫度に応じて、「武力攻撃予測事態(予測事態)」、「武力攻撃切迫事態(切迫事態)」、「武力攻撃発生事態(発生事態)」の3段階に分けられている。なお、いずれもこれまで認定されたことはない。

 

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала