米学者グループ 記憶力をよくする効果的方法を発見

© 写真 : A Health Blog米学者グループ 記憶力をよくする効果的方法を発見
米学者グループ 記憶力をよくする効果的方法を発見 - Sputnik 日本
米ペンシルバニア大学の神経科学者らは、記憶力をよくする効果的方法を開発した。スプートニク通信が伝えた。

学者たちが、クジラの目でみた南極を紹介する【動画】 - Sputnik 日本
学者たちが、クジラの目でみた南極を紹介する【動画】
スプートニク日本

研究は、脳に埋め込み可能な刺激装置を作るためのプロジェクトの枠内で実施された。

実験には、てんかん持ちの人達のグループが参加した。この疾患は、認知能力を悪化させる可能性がある。実験参加者は、記憶力を評価するため一連のテストを受けなければならなかった。

調査の過程で、学者達は、記憶形成に関係した脳の部分に刺激を与え、その活動が高い時と低い時の脳への影響の効果を比較した。それにより分かった事は、最初、刺激はテスト結果を悪化させるが、二回目には記憶力は良くなった。

専門家らは、得られた結果が、それが有益な場合にのみ、電気パルスを送るようなタイプの埋め込み式装置の開発を助けるものと期待している。

先の報道によると、英国の専門家らは、ロマンチックな感情を抑える「惚れない薬」を開発した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала