妊婦がうっとうしい・・・なんてあり得るのか?

© Fotolia / Kaspars Grinvalds妊婦がうっとうしい・・・なんてあり得るのか?
妊婦がうっとうしい・・・なんてあり得るのか? - Sputnik 日本
4月14日、日本の総務省がデータを発表し、2016年10月の日本の人口が1億2693万3000人であったことが分かった。日本の人口は前年比で16万2000人減少し、6年連続で減少が続いている。

スプートニク日本

この憂慮すべきニュースを背景に、特に注目されているのがマタニティ問題と日本における妊婦への態度である。おそらく最近、妊婦へのメッセージを記した賛否両論の投稿が世論に大きな反響をよんだのは、まさにこのためだろう・・・

3月28日、人気の女性サイトにひとつのメッセージが投稿され、これが日本の世論にかつてないほどの反響をよんだ。30歳のエーヴリルと名乗る女性が「ずーっとお腹を撫でまくってて不愉快。目障り!」と書いたのである。

この投稿でネットが炎上した。この投稿はまとめサイトにも拡散され、数多くの相反するコメントが寄せられた。

スプートニクはロシアの心理学博士でモスクワ心理分析大学心理カウンセリング学科教授のナデジダ・にこの投稿についてコメントを求めた。マズロワ氏はすでに数年にわたって日本で国際結婚の夫婦のカウンセリングを行っている。

あなたは妊婦に対するこのような態度を実際に日本で目にしたことがありますか?それとも、これは特異なケースなのでしょうか?

休む?休まない?日本人は休暇をとることに罪悪感を感じている - Sputnik 日本
休む?休まない?日本人は休暇をとることに罪悪感を感じている
「はい、日本人には珍しいことです。しかし、ロシアで臨床を行っていると、こうした現象に出会うことはあります。この6~7年、16歳から30歳までの年齢層の若い女性の患者さんで、子どもはうっとうしい、だから子どもは産まないと言う人が増えています。そして彼女たちは臆面もなく、特に妊婦がうっとうしい、繁殖に関するテーマ自体が大嫌いだと語ります。」

こうした若い女性の心理学的特性をどのように捉えていますか?

「社会的には十分に恵まれた人たちであることが多いのですが、会話をすると、ある程度ノイローゼ症状が見られます。ときには、自己中心性や社会的症状など、非常に多くのノイローゼ症状が出ることもあります。日常生活では、さらに拒食症や過食症を伴うことも少なくありません。あるいは、パニック発作に悩む人もいます。彼女たちは実は脆く、傷つきやすく、優しい存在であることが多いのですが、なぜかまさにこうしたタイプの女性こそが、子どもや妊婦を特にうっとうしいと感じています。」

どうしてこのような現象が起こるのでしょうか?単なる身体的・心理的特性なのでしょうか?それとも、すでに社会現象となっているのでしょうか?

「人生の形としてchild-freeを選択する女性のひとつの共通項は、完璧主義者だということです。こうした若い女性が目標としているのは、理想的な体型、理想的な仕事、人生における理想的な成功です。彼女たちにとって、妊娠はこれらの目標とは相容れないものです。というのも、妊娠には体調不良が伴うことがありますし、出産後には体型が変わってしまうこともしばしばあるからです。ですから、彼女たちは家庭ではなく、キャリアに重きを置き、美や知性におけるずば抜けた能力を目標としています。彼女たちの人生の宣伝ポスターに妊婦はそもそも存在しません。ですから、妊娠した女性が、理想とはほど遠い体型でありながら幸せそうにしている姿や、やさしくお腹を撫でている姿を見ると、心の中で心理的葛藤が起こるのです。それが不適切な知覚という軽い神経症状が引き起こすのです。」

現代女性に見られるchild-freeの傾向は世界的なものなのでしょうか?

「概して言うと、そうです。しかし、かつて日本はその中には入っていませんでした。もしかすると、国の閉鎖性や一定の教育が原因で、日本ではこうした現象がそれほど知られていなかっただけかもしれません。ロシアについて言うと、ロシアでもこれはどちらかというとベールに包まれた性格を帯びていると思います。」

家族 - Sputnik 日本
インターネットとメディア、不妊、障害者とWHOの取り組みについて理解に窮する
しかし、昨今ますます多くの女性が早期結婚・出産よりもキャリアを目指すようになっているのは周知の通りだ。そして、意識的に出産を望むようになったときには、さまざまな理由で、もう遅すぎるということも少なくない。

もしかすると、投稿に対するコメントの中に批判だけではなく、投稿者への同情のコメントが見られたのはそのためかもしれない。同情の声を寄せたのは、まさに妊娠することができず、電車で妊婦を見るとストレスを感じている人たちだった。投稿を読んだ一人の女性は次のように書いている:「子持ちに私の気持ちなんか分からない。普通に妊婦を見ただけで羨ましくなる・・・もう、いい加減にしてほしい!」こうした女性の中には、気分が悪くなる、妊婦に自分たちの気持ちは分からないと記している人もいる。

ネットで大きな論争をよんだエーヴリルの投稿は、社会現象として、単に良いか悪いかで検討できるものではない。この現象は今ここにある、ただそれだけだ。おそらくカウンセラーやジャーナリストには、この二大勢力を和解させ、彼らが調和の中で一緒に生きていけるようにするための、大きな仕事が待ち受けているのだろう。母になることが人生最大かつ最愛の使命である人たちと、人生の中でまず何よりも仕事などでの高みを目指す人たち。どちらも理解できるし、尊敬に値する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала