登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

プロテイン、キノコ、クラゲから出来たビーガン向け車開発へ ベントレー【写真】

© AP Photo / Gene J. Puskarプロテイン、キノコ、クラゲから出来たビーガン向け車開発へ ベントレー【写真】
プロテイン、キノコ、クラゲから出来たビーガン向け車開発へ ベントレー【写真】 - Sputnik 日本
フォローする
英高級車メーカーで、フォルクスワーゲングループに属するベントレーは自社車の内装のために代替人口素材の開発を開始した。外見はナチュラルレザーに似ているが、ポリ塩化ビニル、ポリウレタン、キノコ、クラゲを基に作られるということだ。

スプートニク日本

同社デザインディレクター、シュテファン・セーラフ氏によると、この決定はビーガン(完全菜食主義者)の顧客の要求に応えて取られた。BBCが報じた。

セーラフ氏は、「我々は、動物由来の素材を用いないビーガンのお客様に、最大20の動物の革が使われる内装を用いたベントレーを売ることはできない。まもなく、同様のカテゴリーの購入者を満足させる内装のベントレーを提供する」と述べた。

さらにセーラフ氏は、現時点でベントレーは電気自動車用の新コンセプト創設に向けて作業していると指摘した。

​​先にベントレーはディーゼルクロスオーバー車「Bentayga 」のロシア市場での販売価格が1190万ルーブル(約2400万円)になると発表した。

先の報道によると、スロベニアの企業「Aeromobil 」には空飛ぶ自動車の販売する用意ができている

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала