登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

トランスジェンダーの妻を茹でたシェフ オーストラリアで残虐事件

フォローする
オーストラリア・ブリスベンで、2014年に発生したおぞましい殺人事件の調査が進められている。メディアが同事件を知ったのは最近。料理人のマルクス・ボルケ容疑者(28)は、トランスジェンダーであるインドネシア人の妻、マヤング・プラセティオさんを殺害。遺体をバラバラにした後、煮込んだということだ。サイト「 Australian」が報じた。

東京床下遺体、殺人容疑で男再逮捕 - Sputnik 日本
東京床下遺体、殺人容疑で男再逮捕
スプートニク日本

殺人の動機は未だに不明。ボルケ容疑者は自宅を訪れた警察に、「正気を失った妻」が容疑者をナイフで刺して逃亡したと述べていた。「 Metro」紙によると、ボルケ容疑者が妻を煮ていた時に電気の不具合が起きて、電気修理工を呼んだ。

訪れた修理工はボルケ容疑者の家の敷居をまたいだ瞬間、家に充満するおぞましい匂いから吐き気を我慢できなかった。ボルケ容疑者は豚からスープを作っているのだと弁明。修理工は配線を修理して家を後にするやいなや警察に通報した。

間もなく家を訪れた警察と玄関で少し話をした後、ボルケ容疑者は犬に餌を与えに行くと述べた後、素早く玄関を閉めて逃走。ボルケ容疑者は後に遺体となって発見された。自分の首をかき切って自害したと見られている。

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала