登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

NATO、有志連合参加へ 対ダーイシュ

© AFP 2021 / Paul J. Richards北大西洋条約機構のロゴ
北大西洋条約機構のロゴ - Sputnik 日本
フォローする
北大西洋条約機構(NATO)が、ダーイシュ(イスラム国、IS)掃討に向けた米国主導の有志連合に参加する方向で調整している。複数のNATO外交筋の話として、毎日新聞が報じた。

ロシア連邦保安庁のテロ訓練 - Sputnik 日本
テロリストは連絡のため誰もが使えるメッセンジャーアプリを使用=露保安庁
スプートニク日本

テロとの戦いでの役割増大を求めるトランプ政権の希望に答えた形だが、慎重な加盟国に配慮して戦闘行動を行わないと強調し、25日のNATO首脳会議での合意を目指す。

NATO28カ国はすでに個別に有志連合に参加しているが、NATO外交筋によると、NATOとしての参加は結束の象徴となるという。

一方、独仏など一部加盟国は、負担増や将来的な戦闘活動への懸念から参加には慎重だという。合意につなげるため首脳会議では、戦闘活動を行わないことを確認して、具体的な拡大内容について協議しないと見られている。

この前、プーチン大統領は、ロシアはテロ対策でパートナーらとの協力を拡大する意向を明らかにした。

また、ロシア上院のマトヴィエンコ議長は、同国情報・治安機関がテロを未然に防ぐために、他国との情報交換を活発化させたと発表した。マトヴィエンコ議長は、一連の国家でテロの脅威の水準が高い現在の情勢において、全諸国の関連省庁間の緊密な連携が潜在的に重要になりつつあると強調した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала