登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

トランプ氏、NATO首脳会議に初出席 応分負担要求

© Sputnik / Alexey Vitvitskyトランプ氏、NATO首脳会議に初出席 応分負担要求
トランプ氏、NATO首脳会議に初出席 応分負担要求 - Sputnik 日本
フォローする
トランプ米大統領は25日、就任後初めて出席した北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、各国に応分の応分負担を要求し、欧州に接する中東の安定に取り組まなければならないと訴えた。

Президент США Дональд Трамп, председатель Европейского совета Дональд Туск и председатель Европейской комиссии Жан-Клод Юнкер после встречи в Брюсселе - Sputnik 日本
米EU、対北孤立化で連携
スプートニク日本

首脳会議は、国防支出の増額や、国際テロ組織「ダーイシュ(IS)」掃討などテロ対策へのNATOの関与強化で一致したという。

ロイターによると、トランプ氏は「テロリズム打倒と永続的な安全保障や繁栄、平和実現への決意は揺るがない」とし、「テロを阻止しなければ、マンチェスターのような恐ろしい事件が永遠と続く」と語った。

トランプ氏は、NATOを「時代遅れ」などと批判し、欧州防衛への関与縮小を示唆した。

共同通信によると、NATOのストルテンベルグ事務総長によると、各国は首脳会議で、14年に定めた「国防費の国内総生産(GDP)比2%以上」の目標を達成するため行程表を策定し、達成状況を毎年報告することで合意するとみられる。

去年の推計では、米国とカナダを除く26加盟国中、2%目標を達成したのは英国など4カ国のみで、トランプ氏は「米国の納税者にとって不公平だ」として「公平な負担」を各国に要求したという。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала